北海道の奈井江町が8500円を支払うのでクマと命がけで戦ってきてほしいと言い出し北海道猟友会砂川支部が激怒拒否。
砂川では2018年にクマに向けて発砲したハンターが銃刀法違反で書類送検(のち無罪)されるなど不当な扱いを受け、怒りがマグマのように蓄積されていた。

また警察などによるハンターへの冷遇の結果、秋田では警察官がクマに襲われ負傷する事故も発生している。

北海道・奈井江の猟友会、クマ駆除への協力辞退 町の報酬「アルバイト以下」北海道新聞



ヒグマ駆除で銃許可取り消し「著しく妥当性欠く」 札幌地裁 朝日新聞
池上さんはヒグマ出現の知らせを受けた砂川市の要請を受けて現場に出動し、市職員と警察官も赴いた。市職員から駆除を依頼され、ライフル銃を1発発射してヒグマに命中させた。

 その後、砂川署(現・滝川署)から銃刀法違反などの疑いで書類送検


クマに襲われ警察官負傷の秋田県、目撃件数はまた最悪ペース 冬眠中の1〜3月にも60件 産経