痛いテレビ

僕達を取り巻くメディアと情報について、少し考えてみるブログ

災害

日田杉の魅力 九州豪雨

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
大分県日田市の民家を襲った流木。
枝が少なく形が整っていて、まるで貯木場のようだと思っていましたが、やはり日田市は有名な杉の産地なのですね。

人工林は足元に木や草がないため風雨の影響を受けやすく、土砂災害を引き起こしやすいという問題が以前から指摘されていたのですが。

日田杉の魅力 | 森林と林業と木材−日田木材協同組合
流木の影響で橋脚倒壊か…JR久大線 読売新聞
 日田市などを上空から視察した九州大の矢野真一郎教授(河川工学)によると、鉄橋の上流で斜面が崩壊しており、植えられていたスギやヒノキが流れ出た痕跡があったという。

産業技術総合研究所(茨城県つくば市)によれば、その斜面の表層は、風化した火山岩や火山灰などで構成されていて崩れやすい地盤だった。




人工林荒廃と水・土砂流出の実態
人工林荒廃と水・土砂流出の実態

レッドサラマンダーが大分に出動

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
大雨で壊滅状態となっている大分に、愛知県岡崎市から全地形対応消防車「レッドサラマンダー」が出動。



レッドサラマンダー

糸魚川火災から燃え残った奇跡の家、観光と防災と自己責任

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
燃えにくい建材を使った家が糸魚川の大火から生き残ったと朝日新聞。

糸魚川大火に耐えた奇跡の1軒 08年完成「丈夫な家」:朝日新聞デジタル
 120棟が全焼した新潟県糸魚川市の大規模火災で、焼け跡に1軒の木造住宅がぽつんと立っている。


現場をGoogle Mapで確認してみると、建物の東が駐車場で、南が畑、北は3mぐらいの道。
延焼で危なそうなのは西側の住宅ぐらいですが、十分に余裕を持って建てていますし、風も北に向かって吹いていました。
当たり前なのですが、きちんとセットバック(道路が4mになるよう建物を後退させて)して建てているところも好感が持てます。

市街地の建物は燃えにくい建材で作るとか、建物と建物の間は空間をあけるとか、消防活動ができるよう道をあけるとか、法律で決められていることを他の人も守っていれば、これほどまでの大火になることはなかったでしょう。

ただ建築基準法等で規制される前の古い建物はセーフ(既存不適格)ではあるのです。
しかし法律は防災のことを考えて作られているわけで、既存不適格はリスクを伴います。
そして危険であることを承知で何十年も住み続け、今回は賭けに負けたということですね。

本来なら再開発して安全な街を作るべきでしたが、雁木通りと呼ばれる雪よけの庇が連なった古い町並みを観光資源にしたかったのでしょう。
町並みはそのまま残されました。
結果として雁木通りは燃え、現在は新潟県の観光紹介ページからも消されてしまっているようです。

雁木通り/にいがた観光ナビ - 新潟県公式観光情報サイト にいがた観光ナビ
雁木通り


図解よくわかる 火災と消火・防火のメカニズム
図解よくわかる 火災と消火・防火のメカニズム
ヘッドライン
はてなブックマーク
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
管理人に連絡
ギャラリー
  • 北朝鮮警備兵が全員炭鉱行きか
  • 白鵬「かわいがりなんですよ」 日馬富士暴行事件
  • 一二三逮捕される 阪神タイガース
  • 名古屋城にエレベーターをつけろ 障害者がクレーム
  • るろうに剣心を児童ポルノ禁止法違反で書類送検
  • 暴行事件で池坊らが被害者叩き、白鵬の八百長疑惑には蓋
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ