痛いテレビ

僕達を取り巻くメディアと情報について、少し考えてみるブログ

住宅・不動産

長崎の住宅地の私道が封鎖され住民がゴネる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
長崎市青山町の青城公園付近の私道(個人や法人が所有する位置指定道路)で揉めて所有者が通行料を要求したりしている問題。
ついに私道がバリケードやチェーンで封鎖され、緊急車両を除く車両が通れなくなってしまう事態が発生。

長崎・青山町の団地内私道 所有者が一部封鎖 住民は法的措置検討へ 長崎新聞



こうした山を不動産業者が開発する時は、造成して道路を作って区画を割って販売して道路を市に寄付して市道(市が管理する道路)にして終わりというのが通常の流れです。
しかし業者に金がなかったりして、とりあえず家が建てられるだけの微妙に細かったりする道路を作って、住民の共有道路にしてお茶を濁したり業者が所有したままになっていたりするケースがあるのですね。

本来なら長崎市はこうした開発を許可するべきではないのですが、当時の法律には引っかからなかったのでしょう、通ってしまった。
住民の側も、安いからといって自分の家に行くまでに私道を通らなくてはいけない物件は買うべきではありません。

そして開発した業者、は潰れて私道は別の会社の所有になり、現在の所有者はなんとかして私道を捨てたがっているのでしょう。
市や自治会に譲渡を持ちかけたものの断られ、他に方法がないので通行料を要求したり、道路を封鎖したりしてみたと。

結論としては、私道の法律関係は囲繞地とか非常にややこしくてケースバイケースなので、裁判で決めることになると思われます。

ユニチカが豊橋市の土地を盗み積水ハウスに売る

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
繊維大手ユニチカが豊橋市の土地を積水ハウスへ勝手に販売した問題。
豊橋市民が土地(金)を返せと訴えていた裁判で、名古屋高裁が訴えを一部認め、豊橋市が21億円をユニチカから返してもらうよう命じた。

愛知・豊橋のユニチカ跡地売却訴訟、控訴審で判決変更 朝日新聞
 この土地(約27万平方メートル)は旧軍用地。工場用地として市が51年、同社の前身の大日本紡績に無償提供し、「将来、敷地内で使用する計画を放棄した部分は市に返還する」という契約の条項を交わした。事業閉鎖を決めたユニチカは、2015年に跡地を63億円で積水ハウスに売却した。




TATERUに業務停止命令へ 本田圭佑

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
本田圭佑さんのCMでおなじみアパート経営のTATERUが、客の通帳を改竄して銀行を騙し多額の融資を引き出すなどした問題。
ついに国土交通省が宅地建物取引業法違反で業務停止命令を出すもよう。

TATERUに業務停止命令へ 融資資料改ざんで国交省処分 日本経済新聞

レオパレス4割に不備/連続テレビ小説「なつぞら」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
レオパレス21の建物の約4割に不備があったとNHKニュース。

レオパレス21 施工不備の建物は1万5000棟余に | NHKニュース
建設した建物の施工の不備が問題となっているレオパレス21は、何らかの不備が見つかった建物が、先月末の時点で全体の39%にあたる1万5000棟余りに上ることを明らかにしました。


なおNHKはレオパレスのCMでおなじみ、広瀬すずさんが主役のドラマ「なつぞら」を絶賛放映中。
広瀬さんはテレビ東京ガイアの夜明けが2017年に不正を告発した後、最近までCM出演を続けていた。
また広瀬さんをドラマの主役に決定したNHKも、大事になるまでレオパレスの報道を避けてきた。



“レオパレス問題 総まとめ”ガイアの夜明けで発覚した驚きの実態
レオパレスは「♪夢中で頑張る君にエールを〜」のCMソングで有名な賃貸アパートの大手企業。歴代CM出演者も、田中麗奈、藤原紀香、田中圭、広瀬すずといった人気スターがズラリと並ぶ。

敷金無料や家具・家電つきなど、身軽な若者向けの付加サービスで人気を集めていたレオパレスだが、一方では「壁が薄くて隣室で納豆をかき混ぜる音が聞こえる」「隣の部屋がエアコンを入れると自室でもオンになる」「部屋のチャイムを鳴らしたら同じ階の住人全員が玄関ドアを開けて出てきた」といった"レオパレス伝説"が、ネット上を中心にまことしやかに囁かれていた。

2017年12月、ガイアはスクープ第1弾として、レオパレスのサブリースをめぐる契約トラブルの実態を放送。




GIGAZINEの倉庫が地上げ屋にぶっ壊される

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
大手ネットニュースGIGAZINE所有の倉庫が、土地所有者が雇ったとみられる地上げ屋のショベルカーにぶっ壊されてしまう事件が発生。

ある日突然自分の建物を他人がショベルカーで破壊しても「建造物損壊」にはならないのか GIGAZINE
解体業者がショベルカーで破壊中。もちろんすぐに「ここはうちの名義になっているし、登記して権利を所有している。火災保険もかけているし、税金も払っている。何かの間違いではないか」と伝えたところ、「上の不動産会社の社長から取り壊せと言われて作業している」とのことでしたが、すぐに解体作業は中断され、社長に確認するとのことで携帯電話で連絡し始めてくれました。


なかなか出ていかない借家人に地主がブチ切れて強硬手段に出たという感じでしょうか。
GIGAZINEの写真を見ると、周辺は既に駐車場になっていて、GIGAZINEのボロ倉庫だけが邪魔をしていたという状況ですね。
ビルが立ち並ぶ一等地ではないにしろ、地主には結構な金額の損害が出ていたと推測されます。

まあ建造物損壊事件は事件として、土地の所有者とか借地料はいくら支払っていたのかとか、自分が不利になるような情報は一切書かないGIGAZINEの報道姿勢には疑問が残るところです。
話題の書籍とか
はてなブックマーク
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人に連絡
ギャラリー
  • 北陸新幹線かがやき10編成300億円が水没
  • 北陸新幹線かがやき10編成300億円が水没
  • 消防ヘリが女性落とす
  • 台風で教員試験全員合格!
  • 日体大柏高ラグビー部でホモセクハラ
  • トリエンナーレで昭和天皇が燃える作品の撮影禁止
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ