痛いテレビ

僕達を取り巻くメディアと情報について、少し考えてみるブログ

毎日新聞

尖閣ビデオ、マスコミの焦燥

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

尖閣諸島沖で中国船籍が海上保安庁の船に体当たりを行う映像が動画サイトYouTubeに流出した問題で、マスコミの間に波紋が広がっている。

岡崎市立図書館冤罪事件のスクープで知られる朝日新聞名古屋支社の神田記者は、「記者として、やはり内部告発は報道機関を通してほしい、ツールとして使ってほしい、と思う。記者や報道機関にとって取材源の秘匿は絶対原則で、これを守ることは徹底して教育されている。捜査機関の取り調べを受けようが、明かすことは絶対にない。押収されるような証拠を残さないノウハウもある。」とTwitterで述べた。

しかし神田記者には朝日新聞のバイアスがかけられるのではないか、動画を受け取ったとして全編が公開されるのか、スポンサーの影響を受けるのではないかといった意見がTwitterで寄せられた。


毎日新聞の与良論説副委員長は、週刊誌が政局を動かした事例と比較し、ネットという媒体が大きな影響を与えるようになったと分析。
「なぜ新聞にたれ込んでくれないのか」と悔しさをにじませながらも、「これを機に政府が(あの中国のように)ネット規制に乗り出すようなことがあれば、私は断固反対するだろう。」と警戒した。


熱血!与良政談:尖閣ビデオが示すこと=与良正男 毎日Jp


新聞記者はスクープが欲しい、だから情報源を必死で守ってくれる。
YouTubeは守ってくれないが、バイアスをかけられることもない。
ラ王CM強行撮影事件の報道を見ると、朝日新聞はスポンサーの影響を受けていないようだが、テレビでの扱いは非常に小さかった。

今回のビデオ流出事件はネットの台頭によるマスコミの相対的な地位の低下、あるいはマスコミに対する不信感も浮き彫りにしたといえるだろう。

押し紙で毎日新聞提訴される

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

毎日新聞の元販売店店主が、売れない新聞の強制的な買い取り(押し紙)を拒否したところ、補助金を削減され閉店に追い込まれたとして、毎日新聞に損害賠償を求めて提訴した。
産経新聞が報じた。

毎日新聞元販売店主、押し紙拒否で閉店 2300万賠償請求 - MSN産経

押し紙をめぐる裁判では、読売新聞がたびたび敗訴している。
産経新聞はしばらく前に押し紙を取りやめている。

関連

読売新聞が新潮社を提訴 発行部数水増し報道めぐり - MSN産経

新聞販売黒書

「押し紙」という新聞のタブー―販売店に押し込まれた配達されない新聞 (宝島社新書 301)
「押し紙」という新聞のタブー―販売店に押し込まれた配達されない新聞 (宝島社新書 301)

週刊朝日、毎日が広告止められたのは自業自得

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1月前に伝えた毎日新聞が製薬会社に広告を止められて詫びを入れていた件、週刊朝日も報じた。

広告停止で毎日新聞が苦境に立たされたことを解説。
毎日新聞英語版で変態記事を配信していた件も原因で、被害者面してるけど自業自得という広告関係者の意見も掲載した。

関連

痛いテレビ : 毎日新聞が製薬企業に御機嫌伺い

次は産業界が朝日新聞の広告を止める番だよ!

痛いテレビ : 朝日新聞「CO2 25%削減はチャンスだ!」

毎日新聞が製薬企業に御機嫌伺い

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

毎日新聞は無実の医師を人殺し扱いした記事を書き、医療体制の崩壊に大きく貢献したと一部医療関係者に批判されている。
そのため製薬企業は広告出稿を控えていたのだが、このたび毎日新聞が御機嫌伺いの文書を出していたことがわかった。

毎日新聞 日薬連・評議員に医療報道への「理解」求める文書 医薬経済

「マスコミたらい回し」とは?(その158)毎日新聞が製薬会社に広告出稿を要請 天漢日乗

関連

痛いテレビ : 大淀病院事件で遺族の請求棄却

毎日新聞古田信二「記者クラブを廃止すると、焼身自殺を防げない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ニューヨークタイムズが、毎日新聞の古田信二記者に記者クラブ廃止について意見を求めたところ、「万一誰かが記者会見場で焼身自殺を図ったとしたらどうしますか?誰がそれに対する責任をとるのでしょうか?」などとわけのわからないことを話していたことがわかった。

日本の新しいリーダーは記者クラブの結束を終わらせようとしている NYTimes

“What if someone tried to commit suicide or burn themselves to death at a press conference? Who would take responsibility for that?” Mr. Furuta asked.

記者クラブに加盟していれば身元が保証され、テロが防げると主張したかったのだろうか?
それならば自爆テロ(Suicide bombing)といった表現の方が適切だと思うのだが。

2003年には毎日新聞の五味記者が、アンマン空港にクラスター爆弾を持ち込み、6人を死傷させている。
記者クラブに加盟しているからといって、必ずしも安全性が保証されるわけではない。

関連

NYタイムズの記者クラブ廃止についてのインタビューに毎日新聞の記者が「誰か自殺したら誰が責任とるの?」と意味不明な回答 デジタルマガジン

痛いテレビ跡地: 毎日新聞2ちゃんねるを逆恨み

はてなブックマーク
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人に連絡
ギャラリー
  • 高校生が自転車で高齢者を死なす 熊本
  • 高校生が自転車で高齢者を死なす 熊本
  • ピエールの裁判官「人生の意味を考えて」
  • ピエール瀧に執行猶予 いだてん
  • TATERUに業務停止命令へ 本田圭佑
  • BSフジ取締役の息子が警官を刺して逃亡中、踊る大走査線を放送
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ