東京駅で乙武洋匡さんを見かけ意外と大きいなと思った月曜日。
大山加奈さんが双子をベビーカーに乗せて都バスに乗ろうとしたら運転手が手伝ってくれなかった悔しいとか言い出し、賛否両論入り乱れた末に東京都が謝罪。

2000年に通称バリアフリー法が制定され、公共交通機関は出来るだけ車椅子やベビーカーの人も使えることにしようという話になりました。
なので乙武さんが新幹線で移動したり大山さんがバスで移動する権利は法律で保証されており、議論の余地はありません。
しかし実際のところは現場の裁量に拠るところが大きく、双子ベビーカーのサイズとか重さとかを考慮して運転手に対応をレクチャーしてはいないだろうなとも思います。
双子は1%のレアケースなので、そこまで想定するのは難しいような気もしますが、乳幼児で2人というのは一般的なケースであり考慮されて然るべきでしょう。

とりあえず乙武さんと大山さんは、公共施設の愛知芸術文化センターあいちトリエンナーレ2019で幅1mぐらいの通路の途中に映像作品を展示し障害者を排除した津田大介さんと戦ってほしいと思います。

バスに乗れなくて泣いた日 : 大山加奈 公式ブログ