学歴職歴不問で月収87万円のお仕事という求人に応募し、カンボジアへ飛んだ台湾人や香港人が腎臓を抜かれてしまう事件が多発し東南アジア震撼。

片方が抜かれてもしばらくは生きていける臓器の腎臓を売るというのは、アフガニスタンやウクライナといった人の命が安い国では、わりとよくある話ではある。
しかし香港や台湾といった豊かな国(地域)の人にとっては、自分の臓器を売って金に変えるなんてことは割に合わないので、そうした取引は行われない(そもそも違法)。

いっぽうで臓器は遺伝的に近い人間からもらったほうが適合率が高く余命も長くなりがち。
そこで警察の取締が緩いカンボジアにおびき寄せ監禁して臓器を某国の金持ちに販売するという違法ビジネスが成立したと思われる。

「カンボジアで好条件の仕事」と誘われ…台湾や香港の住民らが監禁・人身売買の被害 読売新聞
 香港メディアによると、今年に入り、SNSで「月収5万香港ドル(約87万円)。学歴、職歴不問。飛行機代不要」といった情報を見た人が応募すると、