鹿児島県曽於(そお)市の小学校で草刈り中の校長先生がイチョウの枝の下敷きになり帰らぬ人に。
イチョウは樹齢160年と大きく古く傷んでいたとみられるが、児童数5名で校長先生が草刈りするほどなので、おそらく剪定する予算が無かったか。

いっぽう東京では1926年に植樹された明治神宮外苑のイチョウ並木を三井不動産が再開発で伐採するということで反対運動が発生。
樹高が最高で28mと聞くと、剪定に使うゴンドラやクレーンを持ってくるのがすごい大変そうで危険も伴うだろうな、伐採したほうが安全性やコスト的には良さそうなのにと思いました。



明治神宮外苑伐採問題めぐり、陳情者の代表が会見「何本植えても代替することはできない」日刊スポーツ
都議会に樹木や環境を守るよう陳情を提出した、建築ジャーナル編集長の西川直子氏が都庁で記者会見

とにかく乱暴な神宮外苑の再開発 GQ