アメリカで世界で初めて豚の心臓を移植したベネットさんは凶悪犯だったことが判明。
多分に人体実験の要素がある手術だったが、被害者の遺族はあまり納得行っていないようす。

また日本の凶悪犯罪者の青葉真司さんも火傷の治療の実験台となり、医療の進歩に貢献している。

ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う Newsweek
心臓移植を受けたデービッド・ベネットは、1988年に男性を刃物で7回刺した罪で有罪評決を受けており、被害者の家族は、もっと「助かるべき患者」に心臓が提供されて欲しかったと述べた。



京アニ事件・青葉容疑者、皮膚全身移植 焼け残り8センチ四方を培養 死亡率95%、医師明かす壮絶経過 京都新聞