大島てるなど事故物件の情報が氾濫し潤滑な不動産取引に支障が出てきているということで、国土交通省が事故物件に関するガイドラインを策定。

それによれば、自然死(病死)や不慮の事故は、宅地建物取引業者が特に告知する必要はない。
しかし事件事故、特殊清掃が行われた場合は、事案発生から3年ぐらい告知しなければならない。

「宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドライン」を策定しました

あなたの家は大丈夫?〜事故物件の真相に迫る〜 クローズアップ現代+