つくばと秋葉原を結ぶ「つくばエクスプレス」の乗員が尿路結石を発症するも、激痛の中30分業務を続けた後に救急搬送されてしまう。

尿路結石で腹痛訴えた後も30分乗務、救急搬送 つくばエクスプレス 毎日新聞
 同社広報課は「列車には衝突を防ぐ自動制御装置があり、当該の運転士も前方を注視していたので安全に問題はなかった。本人が交代を申し出ていたら無理には乗せなかった」と説明した。

 TXには、折り返しのつくば駅や秋葉原駅も含め、乗務管理所のある守谷駅にしか交代の乗務員が待機していないことが背景にあるとみられる。