韓国の挺対協(正義連帯)の代表として日本大使館の前に少女像を作るなどした尹美香(ユン・ミヒャン)国会議員。
元慰安婦女性の支援に充てるとして集めた募金で、焼き肉を食べたりマッサージ店に行くなど使い込みが裁判でバレてしまう。

【独自】尹美香議員、慰安婦支援金を横領して焼き肉店やマッサージ店で使用 朝鮮日報
尹議員は慰安婦被害者のための募金を焼き肉店や菓子店、マッサージ店などで使っていたという。また自らの交通違反の罰金支払いや所得税の納付にも使っていた。