福岡県中間市の双葉保育園で、5歳の園児が登園バスに放置され死亡。
帰りのバスに乗っていないことに親が気づき、園内等を捜索したところ登園バスの中から発見された。

Google Mapで確認すると、園にはワンボックスを改造した「きかんしゃトーマス」のバスと黄色いバスが停められていた。

朝から夕方まで車内に放置か 保育園バス内で5歳児死亡 朝日新聞
 登園時に使われたバスは園児らを乗せた後、午前8時半ごろ園に到着し、その後施錠されて駐車場にとめられていた。冬生ちゃんは発見時、車内の前方でぐったりした状態だったという。