NHKが教育で2011年から放送している「デザインあ」の放送を中止、別番組に差し替え。
音楽をコーネリアス小山田圭吾さんが担当していたため。

小山田圭吾さんが学生時代、障害者に排泄物を食べせるなどしたと雑誌ロッキンオンやQuick Japanで語っていたことが問題となり、加藤官房長官も「全く許されるものではない」と強く批判するに至り、ついにNHKも動いた。

これまでもNHKに対して苦情はあったが、古い雑誌で内容を知っている人も少ないだろうと考えたのか黙殺を続けていた。
しかし問題がネットから毎日新聞、日刊スポーツが国会図書館が発掘して全世界に広まり、ついにかばいきれなくなった。

NHK、小山田氏が関わるEテレの2教育番組を差し替え 朝日新聞
小山田氏いじめ告白「組織委で適切に対応を」 官房長官 五輪開会式で楽曲制作担当 日本経済新聞
政府の見解を問われ「共生社会への実現に向けた取り組みを進めている」と触れ、小山田氏の行為は「全く許されるものではない」と強調した。




IMG_20210720_002111


辞任の小山田圭吾に犇飽前科 今度は重病患者を嘲笑インタビュー 東スポ