東京都調布市つつじヶ丘の下を東日本高速が掘ったところ、思った以上の軟弱地盤でボッコリと大穴が空いてしまった問題。
たぶんけっこうな範囲で崩落が進んでおり、このまま住んでいると住宅地が崩壊して死者も出かねないため、東日本高速が住民に住宅の買取と全面的な賠償を提示し早急な引っ越しを要求。
しかし意味がよくわかっていない住民は、詳しい説明もなしに家を追い出されるのは納得行かないと反対してしまう。

調布陥没「ルート上の住宅撤去」 住民説明会で事業者側が初提示 対象約50軒、地盤補修後に再建 東京新聞
 補修工事に伴う転居や住宅再建費用は東日本高速が全額負担し「買い取りを希望する人には個別で対応する」と説明。