厚生労働省のパワハラ相談員が部下を退職まで追い詰め、減給処分。

厚労省で「パワハラ相談員」がパワハラ、公務災害認定 朝日新聞
 この上司は、省内のハラスメント防止のため各課に配置された「パワハラ相談員」を務めていた。月に100時間を超える時間外労働も重なり、男性はうつ病と診断されて休職し、20年3月に退職したという。