セクハラ発言で東京オリパラ組織委員会の会長を辞任した森喜朗さん。
無報酬で働いているという設定だったが、パーティー券で数千万円集めたり、一般財団法人「嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター」ルートでセガサミーから3億円もらったりするなど利権ズブズブだったことが判明。
セガサミーは東京五輪公式ゲーム「マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック™」を販売している。

高須院長、森会長への止まない批判に「無報酬で働く病身の高齢者にひどい仕打ち」 サンスポ
「無報酬」と胸張った森喜朗氏 五輪納入業者などから年6000万円献金 週刊ポスト
 2014年は年間で6000万円超の収入があり、そのうちパーティー券収入は約5200万円。2016年にはザ・プリンスパークタワー東京の忘年会で一度に4902万円のパーティー券収入を得ている。