アメリカで死亡した看護師の3分の1がフィリピン人だったとNew York Times。
その割合が看護師の4%であることを考慮すると、一般の約8倍の死亡率にもなる。

もともとフィリピン人看護師は救急治療室や老人介護施設といった接触の多いところに多く勤務していること、またフィリピン人に肥満や高血圧や糖尿病が多いということも理由として挙げられるという。


Like Romeo and Joy Agtarap, Filipinos are overrepresented in the types of health care professions that require close contact with patients, such as in emergency rooms and nursing homes — a risk heightened by Filipinos’ high rates of hypertension, asthma, obesity and diabetes.


Covid-19 is taking a devastating toll on Filipino nurses - CNN