11月に公開予定の内館牧子さん原作の映画「十二単衣を着た悪魔」
主役の伊藤健太郎さんがバイクをひき逃げして逮捕され、その去就に注目が集まっている。
しかし出演者をよく見てみると、そもそも伊藤さん以外にも犯罪者が目白押しだと話題に。





伊藤雷役の伊藤健太郎さんが轢き逃げ。
桐壺帝役の伊勢谷友介さんが大麻と暴行。
責任者の兼近大樹さんが売春斡旋。
監督の黒木瞳さんは娘が事件をおこしているという次第。
さすがにここまで来ると、作品に罪はないというのは詭弁なのではという気が。

ヤンチャだった伊藤容疑者 現場で問題起こすことも 育ての親と“関係解消”で素行も悪化 スポニチ
「私は伊勢谷友介に暴行された」 東京藝大同窓生が被害告白、広末涼子に声をかけたら… デイリー新潮
EXIT・兼近氏はなぜ売春斡旋に手を染めたのか 取材で分かった芸能界の闇 あなたの知らない世界 ZAKZAK