韓国の李明博(イ・ミョンバク)元大統領がサムスン電子から賄賂をもらった事件の裁判で、懲役17年の実刑が確定。
朴槿恵(パク・クネ)前大統領には、すでに懲役20年の判決が出ている。

李明博元大統領、収賄で懲役17年確定 韓国最高裁 日本経済新聞
韓国検察は文在寅(ムン・ジェイン)政権下の2018年3月に李氏を逮捕、その後起訴した。起訴状によると、李元大統領は07年から11年にかけサムスン電子から賄賂を受け取り、その見返りとして、有罪判決を受けていた同社の李健熙(イ・ゴンヒ)会長に特赦を与えた。