消費者金融の過払い金請求を大々的にやっていた東京ミネルヴァ法律事務所。
その実質的トップは消費者金融の武富士出身の男で、前科もあったことが判明。
今回のミネルヴァ破綻も依頼者の金を流用していた疑いが濃厚となり、大規模な刑事事件へ発展か。

過払い金CMの大手弁護士法人、「東京ミネルヴァ」破産の底知れぬ闇 ダイヤモンド
 代表に就任した霜田氏は、兒嶋氏の武富士時代の後輩で、DSCでも部下だった人物。

 表向き「兒嶋氏とは縁を切った」と話していたが、裏では兒嶋氏が絶対権力者の「会長」として支配する体制が続いていた。

 兒嶋氏は、DSCとは別に淡路島で実質経営していた貸金業者で、出資法違反(違法金利)容疑での逮捕歴もあるいわく付きの人物だ。

当会所属の弁護士法人に関する会長談話 第一東京弁護士会
当会による調査の結果、回収した過払金等の保管状況に不明な点があり、依頼者に返還することが困難な状況に陥っている疑いがあることも判明しました。