前検事長の黒川さんが朝日新聞や産経新聞の記者と賭け麻雀を繰り返していた事件。
国会で刑事事件にはならないのとか退職金を出していいのかという話になり、賭けマージャンのレートは1000点100円まではセーフという法務省の判断が示される。

麻雀賭けレート「高額でない」法務省刑事局長が答弁 日刊スポーツ
東京高検の黒川弘務検事長の賭けマージャンについて、法務省の川原隆司刑事局長は22日の衆院法務委員会で「レートは1000点を100円と換算していた」とし「賭けマージャンは許されないが、社会の実情をみると、必ずしも高額とは言えない」と答弁した。