ボーイスカウトアメリカ連盟(BSA)のメンバーら(男)が、参加した少年を1万2000人ほど性的虐待したため、被害少年たちに訴えられ破産。

BSAは2017年に女子の受け入れを開始、トランスジェンダーも同様に受け入れを始めていたが。

全米最大ボーイスカウトが破産申請 性虐待の訴訟数百件 朝日新聞
 19年4月には、委託を受けた外部の弁護士がBSA内の資料を精査した結果を公表。1944年から2016年にかけ、加害者は7819人、被害者は1万2254人に上ったという。

米ボーイスカウトでの性的虐待を暴く「性倒錯ファイル」公開 AFP
 被害者側の弁護団は、この膨大な資料の内容に触れるとともに、同連盟の指導者たちは長年にわたり虐待の事実を隠ぺいしてきたと主張。さらに、ボーイスカウトを利用して未成年を狙う小児愛者を完全に排除するための連盟の対策はいまだに不十分だと非難した。

世界の雑記帳 米ボーイスカウトが女子受け入れを発表、最高位取得も認める 毎日新聞