合成麻薬MDMAを所持していた女優の沢尻エリカさんの執行猶予あり有罪が確定。
また、MDMAを取り扱う指定暴力団稲川会の組員がリンチ殺人の容疑で逮捕される。





関連
覚醒剤と大麻所持の疑い…密売人の暴力団員と女を逮捕 産経新聞
 覚醒剤と大麻を所持したとして、神奈川県警薬物銃器対策課は10日、覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反の疑いで、指定暴力団稲川会系組員

 同課によると、森容疑者は駐車場に止めた軽自動車を違法薬物の倉庫代わりに使い、密売を繰り返していた。車内からはほかに、合成麻薬「MDMA」とみられる錠剤1千錠以上と未使用の注射器547本も見つかっており、同課は背後関係など調べを進める方針。

誤射賠償求め提訴 稲川会トップらに住民 松戸連続発砲 千葉日報
自宅アパートに銃弾を誤射され、精神的苦痛を受けたとして、同市の女性が20日、指定暴力団稲川会の辛炳圭(通称清田次郎)総裁ら2人を相手取り、慰謝料など1300万円の損害賠償を求める訴訟を千葉地裁に起こした。

沢尻エリカ初公判 “偽善の正義”発言のエイベックス松浦勝人会長に“更生”はできるのか 週刊文春