東芝の子会社が循環取引で200億円ぐらい粉飾してしまう。
同社の粉飾は2015年に2248億円ぐらいやらかして以来。

最近は東証1部への返り咲きを企んでいたが、これで計画はなくなったもよう。

東芝子会社で架空取引200億円規模 循環取引繰り返す 朝日新聞
 東芝は18日、連結子会社の東芝ITサービス(川崎市)で2019年9月中間期に架空取引が見つかったと発表した。対象の取引は売上高ベースで200億円規模と見込まれるという。

【企業会計】 東芝“粉飾”の真相 2015年12月22日特大号 エコノミスト
東芝「東証1部復帰」工作にチラつく経産省の驕りと安倍政権の意向 現代ビジネス