愛知県一宮市で育ち、アスペルガー症候群と診断されながらも、共産党の母親に虐待され病院にも行かせてもらえず社会を憎み、ついに新幹線で男性を刺殺するまでになった小島一朗くんが初公判を迎える。

新幹線3人殺傷事件初公判 被告「殺すつもりでやりました」産経
小島被告は平成29年12月に愛知県岡崎市の祖母宅を出た後、長野県内を転々して野宿をしていた。神奈川県警の調べに対し、「刑務所に入りたかった。他人が決めたルールで生きる方が楽だと思い、無期懲役を狙った」などと供述していた。