昨年12月に韓国の船が金沢港のクレーンに接触し破壊するも、修理費は支払えないと開き直り。
これに谷本石川県知事は「泥棒(韓国企業)が開き直るのはありえない」と激怒。

韓国企業に知事激怒「泥棒の開き直りだ」韓国船が港の施設“破壊” 修理費払わず血税投入の事態に 石川テレビ

破壊されたのはコンテナを運ぶクレーンで、現在も修復中で使えない状態。
韓国企業がこのまま修理費を支払わない場合、石川県民の血税が使われる見通し。

韓国船は今年9月にも石狩湾新港のクレーンに接触し破壊している。

石狩湾新港、11月10日から荷役再開 破損クレーンの修復完了 北海道新聞
 事故は、9月25日に韓国船籍のコンテナ船が接岸時にクレーンと接触し、電気供給用ケーブルを巻き取るリールなどを損傷した。