週刊文春に公職選挙法違反疑惑を報じられた河井克行さん。
今週は秘書に時速140km走行や、あおり運転を指示していたという報道。

そして河井さんが法務大臣を辞任したということで、警察庁は心置きなくあおり運転の罰則強化へ。

河井前法相の大幅スピード違反を広島県警が見逃していた!週刊文春
 11月7日発売の「週刊文春」では、“あおり運転”を指示されたという河井氏の元運転手の詳細な証言や、公選法違反に絡み、二転三転するウグイス嬢の証言などを詳報している。

あおり運転、免許取り消しの対象に 危険運転の抑止狙う 朝日新聞
 警察庁はあおり運転にあたる行為を新たに道交法で定めて厳しい罰則を設ける方針で、来年の通常国会への法案提出を目指して検討を進めている。