大分駅前交番の警官が捕獲しようとしたフェレットに噛まれ蜂窩織炎で死亡。
蜂窩織炎は傷などから細菌が侵入する感染症で、治療が遅れると死に至る恐ろしい病気。

フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警 毎日
 県警によると、警部補は大分市の大分駅前交番で勤務していた02年6月26日早朝、「近くの公園にフェレットがいる」と110番を受けて出動。捕獲作業中に手をかまれ、3カ月後に感染症の蜂窩織炎(ほうかしきえん)を発症した。



関連
動物咬傷 犬による咬傷 猫による咬傷 《基本的な治療 ... - 北里大学