文化庁を検閲だなどと批判していた自称芸術イベント「あいちトリエンナーレ(津田大介監督)」
手荷物検査及び撮影禁止・ネット投稿禁止を入場者に要求、検閲を開始してしまう。

なお、少女像の作者は隣の椅子に座って写真撮影して欲しいと述べている。

「表現の不自由展・その後」10月8日(火)の入場方法に関するご案内
 ・セキュリティチェックおよび鑑賞に際してご案内を行います。
 ・安全のため、会場に向かう前に手荷物をお預かりします。お預けいただけない場合は、入場できない場合がございます。
 ・展示室に入る前に、事前にスタッフからの説明があります。
 ・「あいちトリエンナーレのあり方検証委員会」による「中間報告」をお配りいたします。あわせてご一読の上ご入場をお願いします。
 ・金属探知機でのチェックに反応した場合、入場できない場合がございます。

5. 展示室内での作品撮影について
 「表現の不自由展・その後」展示室内における作品の写真撮影は不可となります。



あいちトリエンナーレ2




関連
トリエンナーレの元実行委員がトリエンナーレ補助金の審査