MXテレビで「NHKから国民を守る党」を批判したマツコ・デラックスさんを、同党の立花孝志さんが名誉毀損で億の慰謝料を求め提訴へ。

MXとマツコさん相手に原告1万人の集団訴訟提訴へ 「N国支持の有権者侮辱」理由に 毎日新聞
 NHKから国民を守る党の立花孝志党首は、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)とタレントのマツコ・デラックスさんを相手取り、総額1億円の慰謝料を求める原告1万人の集団訴訟を起こす方針を示した。


正直やりすぎな感じはしますし、1億円はいくらなんでも大きすぎます。
しかしMXが放送法第4条の「政治的に公平であること」を遵守して立花さんサイドの意見を紹介しているのかといえばしてないわけで、少なからず法律に違反している可能性は否めません。
そして何より、名誉毀損の賠償額を引き上げて言論を萎縮させる恫喝訴訟(SLAPP)の引き金を招いた公明党と、凶悪な犯罪組織武富士の手下となって雑誌やジャーナリストに億単位の恫喝訴訟を行った吉村洋文大阪市長(維新・弁護士)の問題点を詳らかにする行為なのですね。

ぶっちゃけ立花さんは人格的にどうかと思わないわけではないですが、自らのリスクを考えず社会問題を表面化させるという点では、他に類を見ない傑物であると言わざるを得ません。

関連
名誉毀損の賠償額を上げた公明党(佐高信) | 週刊金曜日
痛いテレビ : 鳥越が宇都宮に宣戦布告 文春提訴にブラック企業の弁護士起用