高齢者を騙して儲けていた詐欺グループの宴会で吉本興業の芸人が営業したり、指定暴力団山口組系の犯罪グループと宮迫博之さんが写真を撮っていた問題。
吉本興業は経営アドバイザリーの委員として、高齢者を騙して儲けていた「ゆうちょ銀行」社外取締役の町田さんと、原監督が元暴力団に1億円プレゼントした読売ジャイアンツの久保さんを起用してしまう。

吉本興業、三浦瑠麗ら7人委員に 朝日新聞社
 座長・川上和久氏(国際医療福祉大学教授)をはじめ、大仲土和弁護士(関西大学大学院法務研究科教授 元最高検察庁総務部長)、久保博(株式会社読売巨人軍 顧問 前同社会長・元社長)。

 島根悟(一般財団法人 日本サイバー犯罪対策センター 理事 元警視庁副総監)、町田徹(経済ジャーナリスト ゆうちょ銀行社外取締役、ノンフィクション作家)、三浦瑠麗(国際政治学者 山猫総合研究所代表)、山田秀雄弁護士 (元日本弁護士連合会副会長、元第二東京弁護士会会長)。


ゆうちょ銀、高齢者に投信を不適切販売 直営店の9割で:朝日新聞デジタル
原監督「1億円不倫スキャンダル」ヤクザ幹部が明かすタブーな核心(1)アサヒ芸能
巨人軍の歴史に「暴力団」の名が刻まれる…山口組組員逮捕で“賭博関与”明確に ZAKZAK
元吉本大物芸人が告白「当時はヤクザの仕事が6割やった」週刊ポスト