小泉進次郎さんとの結婚・妊娠を発表した滝川クリステルさん。
妊娠中にも関わらず、7月から流されていたキリンのアルコールのCMに出演していたことが判明。

もちろんキリンは即、差し替えを決定。
飲酒は赤ちゃんの障害を引き起こす可能性があるため、妊娠に気づいた時点で必ずやめるようキリンは呼びかけていた。

妊娠余波、滝川クリステルのビールCM差し替えへ 日刊スポーツ
滝川クリステル(41)は7月からキリンビールの「本麒麟」のCM「滝川クリステルさん」編に出演しているが、キリンビール広報部は7日、CMを別のものへ差し替えると明らかにした。



女性とお酒|お酒とうまく付き合う|CSV活動|キリン - キリンビール
妊産婦の飲酒は胎児に危険、飲んではいけません
妊娠中の女性は、お酒を飲んではいけません。
摂取したアルコールは、胎盤を通って直接赤ちゃんに運ばれ、赤ちゃんもお酒を飲んでいることになるからです。
場合によっては、生まれてくる赤ちゃんが、FAS(Fetal Alcohol Syndrome 胎児性アルコール症候群)と呼ばれる、発育障害、知能障害、顔貌異常、ADHD(注意欠陥・多動性障害)などを引き起こす可能性もあります。この障害は、大人になっても残ります。

妊娠を意識したときからお酒はストップ
「そろそろ、赤ちゃんがほしいなぁ」
そう考え始めたら、お酒もお休みしましょう。
妊娠前であっても、妊娠に気づかずお酒を飲んでいることもあります。気付いた時点で必ずやめましょう。
飲み続けていることで、母体への影響や赤ちゃんの成長を妨げることもあります。
お酒を断つことは、ママになるための第一歩です。家族や友人、職場など周囲にいるすべての方も、協力してあげてください。