振り込め詐欺グループの酒宴で営業したり、強盗グループから金をもらって酒を呑んだ問題で、吉本興業の宮迫博之さんと田村亮さんが、会社の静止を振り切って謝罪会見。
吉本興業が関係するイベントのスポンサーだという入江さんの説明を信じ、安心してしまったと説明。
また会見を開いたら、宮迫さん以外も連帯責任でクビだと脅迫されたとも話した。

宮迫博之、反社会勢力パーティーと「同じスポンサー」が入江主催で吉本社員もいるイベントに スポーツ報知
 さらに「入江君主催ですが、吉本の社員もいて一緒にやっているイベントのスポンサーが、僕らの行ったのと同じスポンサー」だったこともあり、安心してしまったと説明。



ただ強盗グループと酒を呑んだ件については、入れ墨に気づかなかったとシラを切った。

宮迫、反社会的勢力とのつながり否定「まったく知らない」 入れ墨にも気づかず スポニチ
相手の4人組が反社会勢力のメンバーであることは「まったく知らない」とし、腕に入れられていたとされる入れ墨も「正直一瞬だったので、気付きませんでした」と振り返った。


関連
NEWS・手越祐也“金塊強奪犯”繋がり疑惑、ジャニーズが火消しに奔走中! 日テレの判断は……?日刊サイゾー
小松崎容疑者のFacebookには、手越のほかにも、第64代横綱の曙太郎と思しき人物や、フルーツポンチ・村上健志と思しき人物、ジャングルポケット・太田博久と思しき人物、カラテカ・入江慎也と思しき人物など、有名人らしき人物と撮った写真が数多く確認できる