アニメ制作大手の京都アニメーションが、頭のおかしい人に放火された事件。
ガソリンをまかれた玄関の近くに螺旋階段があり、そこを炎が一気に駆け抜けて被害が拡大してしまったことが明らかに。
デパートなど大きなビルの階段には延焼を防ぐ防火シャッターが設けられているが、京アニの建物は規模が小さいため建築基準法の設置義務はなかった。

ガソリン炎と煙、一瞬で包囲 京アニ火災、吹き抜け構造で拡大か 京都新聞
 京都大の田中哮義名誉教授(建築・都市火災安全学)は熱と煙が吹き抜けを通って一気に3階に上り、短時間で建物内に煙が充満したのではないかと推測する。「2、3階の人は避難する間がなかった可能性がある。1階に降りてきても、出入り口付近に火が回っていて逃げ場がなかったのでは」と話す。


i.imgur.com_nqrnf0E