2月に渋谷の児童養護施設の大森信也さんがめった刺しにされ死亡した事件。
犯人の田原仁さんが心神喪失で不起訴、無罪放免となってしまう。

施設長刺殺不起訴「やりきれない」 地域に開かれた児童施設「防犯に限界」 産経ニュース
養護施設長刺殺「他の職員も刺す予定だった」 殺人容疑で男を送検 産経ニュース
 司法解剖の結果、大森さんの死因は失血死とみられ、首や胸のほか、抵抗した際にできる「防御創」など十数カ所に傷があった。発見時、凶器の包丁は大森さんの体に刺さった状態で、柄の部分が折れるなどしていた。