汚い商売で知られる楽天が、取引相手の企業に優越的地位の濫用の限りを尽くしていると公正取引委員会が公表。

「契約内容 一方的に変更された」IT企業の取引先が回答 NHK
それによりますと、ネット通販の取り引きでは、契約内容を「一方的に変更された」と回答した企業は、「楽天」の取引先が93.2%と最も多く、「アマゾン」が72.8%、「ヤフー」が49.9%、「その他」が44.5%となっています。

契約内容の変更があったと回答した企業のうち、手数料の引き上げや契約の打ち切りなど、「不利益な内容があった」と答えた取引先は「楽天」の取引先が93.5%、「アマゾン」が69.3%、「ヤフー」が37.7%、「その他」が38.1%でした。


関連
楽天セール二重価格を社員が指示

楽天、尾を引く「不当表示」 問われる最大手の覚悟 :日本経済新聞