神奈川県小田原市で92歳の男性が農作業中イノシシに襲われるも、鍬で返り討ちに。

92歳男性 いのししに襲われ くわで応戦 その結果…NHK
「いのししに襲われて、初め、つえでたたいたものの、つえが折れたので持っていたくわで応戦した」



イノシシは鋭利な牙を持ち攻撃力が高く、かつ体高が低く回避能力に優れるため、これまで人間が一方的にやられる事例が多く報告されていた。
1月にも山梨で男性がふくらはぎを裂かれ死亡している。

92歳と体力的には条件が悪いが、イノシシの突撃に鍬を逆に構えてカウンターが入ったか。

関連
痛いテレビ : イノシシにやられた 山梨