ノーマルの男性に告白し、断られてからもストーカー行為を続けていたゲイの男性が死亡した件。
遺族が一橋大学を訴えていた裁判で、東京地裁が請求を棄却。

同性愛暴露、一橋大の責任否定 転落死学生の遺族敗訴 日本経済新聞
裁判長は「大学側が安全配慮義務に違反したとは認められない」として、請求を棄却した。



関連
「同性愛者」アウティングは違法行為か 一橋大生自殺訴訟、原告側が争点・双方の主張説明 産経
 原告側によると、同級生側は「告白を断ったのに、長男からいろいろな連絡があり、精神的に追い詰められた。