やや日刊カルト新聞の報道に遅れること8日、やっと朝日新聞もワクチンに否定的な宗教団体「ミロクコミュニティ救世神教」の研修で麻疹の集団感染が発生したと報道。
三重県は22日にミロクの名前を出していたが、朝日新聞は今日まで伏せて報道していた。

三重の麻疹集団感染、発生場所はMC救世神教の中高生2世信者研修会と判明 やや日刊カルト新聞
信仰でワクチン非接種、宗教団体発端ではしか集団感染 朝日新聞
三重県は23日、研修会の主催者は津市内の宗教団体で、信仰上の理由で多くがワクチン接種をしておらず、感染が拡大したとの見方を明らかにした。

 団体は「ミロクコミュニティ救世神教」でホームページに謝罪文を掲載。

三重ではしかの集団感染 AKB握手会に参加した患者も 朝日新聞
三重県で民間団体の研修会に参加した人の間で集団感染があり、患者が急増した。


関連
痛いテレビ : 宗教団体の研修で29人はしか感染
朝日新聞が予防接種はしないほうがいいとフェイクニュース