大分の保育園で2歳女児がトヨタ・アルファードに轢かれ死亡。

保育園ではねられた2歳女児死亡|NHK 大分県のニュース
警察によりますと、杏奈ちゃんは母親が運転する車で保育園にやってきて車を降りたところを、別の保護者が運転する乗用車にはねられたということです。




2歳女児の平均身長は90cmを切るぐらい。
アルファードはボンネットが非常に高くて前方の死角が広く、女児が近くにいたら見えない。
また少し古い型なので、センサーや自動ブレーキなどの安全装置はついていなかったと思われる。

関連
ミニバンの死角 母親が子をはねる レスポンス