朝日新聞の鮫島さんが厚労省からインフルエンザの予防接種はしないほうがいいなどと聞いたと、フェイクニュースを流し炎上してしまう。






インフルエンザQ&A|厚生労働省
インフルエンザワクチンの最も大きな効果は、「重症化」を予防することです。
 国内の研究によれば、65歳以上の高齢者福祉施設に入所している高齢者については34〜55%の発病を阻止し、82%の死亡を阻止する効果があったとされています


関連
ジャーナリズム - 会社ご案内 | 朝日新聞社インフォメーション
特別報道部次長・鮫島浩