カルロス・ゴーンさんが保釈を申請するも、保釈後はフランスに居住すると言ってしまったため、東京地裁に棄却されてしまう。

ゴーン被告 保釈後の滞在先、フランス本国や都内大使公邸指定 TBS
 その後の関係者への取材で、ゴーン被告の弁護士が、保釈が認められた場合の制限住居として、フランス本国や東京・港区にあるフランス大使公邸を指定していたことが新たに分かりました。




一般に保釈後は国内に居住することが求められ、外国に行く場合は、その都度裁判所の許可を必要とする。