高校駅伝で鉄剤注射ドーピングがブームになり、日本陸上競技連盟が血液検査すると警告。

女子高校駅伝で鉄剤注射…「体に悪い」警告後も 読売新聞
16年12月の全国高校駅伝に出場した東日本の高校の選手と担当医が、「女子5人全員が鉄剤の注射や点滴を打った」と証言。9月頃から毎週のように監督に病院に連れて行かれ、事前に行うべき血液検査をせずに打つことも多かったという。


鉄は酸素を運ぶヘモグロビン、赤血球の材料。
長距離選手は走る衝撃で赤血球が破壊されるため、貧血になりがち。
鉄分の多い食事で補うのが理想的だが、体重管理も同時に行われるため、安易にサプリメントや鉄剤注射に走る高校や大学が多いという。