アイルランドの農家マイケル・フェリス(63)さんが、30年も続く隣人の騒音に耐えかねついに爆発。
尖った鉄の棒が前方に突き出た農機「テレポーター」にまたがり、隣人が運転する青のプジョーめがけて突撃。
哀れ隣人は串刺しになり絶命、フェリスさんも刑務所へ。

隣人は「カラス・バンガー」と呼称されるカラスよけの道具を配備。
ガスを使って数分おきに大きな騒音を出すというものだった。

Irish farmer jailed for killing neighbour with machinery BBC

フェリスさんが凶器に使ったのは、牧草を突き刺して運搬する以下のような農機とみられる。