元プロレスラーの長与千種さん(53)がススキノでドメスティック・バイオレンスを見かけ、止めようとしたところ男(27)に暴行を受け負傷。
反撃しようとすればできたのに、あえて攻撃を受け続けたところが往年の長与プロレスだ、これぞ受けの美学だと吉田豪さんらプロレスファンの間で話題に。

「女性が傷付いているのに見て見ぬふりはできなかった。でも仕事柄、絶対に手は出せなかった」暴行を受けた長与千種さん | AbemaTIMES




(吉田豪)これが実にね、わからない人にはわからないですけど、長与千種イズムなんですよ。クラッシュギャルズっていう……まあ、明らかに暴力をふるった人はクラッシュギャルズ知らない世代なんですけど。クラッシュギャルズっていうのはひたすら長与さんはやられまくるキャラだったわけですよ。

(宇多丸)ダンプ松本さんとかにやられて。