週刊文春が日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」のラオスの祭り企画でやらせがあったと報じるも、何を思ったか日テレはこれを否定。
しかしやはり文春は第二弾のタイ編を仕込んでおり着弾。
BPO放送倫理・番組向上機構での審議が決定、やらせに巻き込まれたラオス政府が抗議に動くなどしたため、日本テレビは釈明に追い込まれる。

そして祭り企画を洗った女性セブンによれば、合わせて11個の祭りの存在が確認できず。
傾向としてはタイでのやらせが多く、ついでラオスだった。

「イッテQ!」やらせ否定=一部表現は「誤解招いた」−日テレ:時事ドットコム
「イッテQ!」タイ・カリフラワー祭りにもデッチ上げ証言 日テレが謝罪 週刊文春
『イッテQ!』の全祭りを検証、11個が存在を確認できず 女性セブン





pbs.twimg.com_media_DrnwSksU8AAIAzl