韓国の大法院が戦後賠償を取り決めた日韓請求権協定を無視し、新日鉄住金に賠償命令(二重請求)。
さらに韓国の首相も、これを追認してしまう。

徴用工訴訟判決で河野太郎外相「断じて受け入れられない」産経ニュース
 元徴用工の韓国人が新日鉄住金を相手取った訴訟で、韓国最高裁が原告勝訴とする判決を下したことを受け、河野太郎外相は30日午後、「1965(昭和40)年の国交正常化以来築いてきた日韓の友好協力関係の法的基盤を根本から覆すもので極めて遺憾であり、断じて受け入れることはできない」

賠償命令「パンドラの箱開けた」 元徴用工訴訟、識者は:朝日新聞デジタル
 破壊的な判決といえる。大法院(最高裁)は、1965年の日韓請求権協定を完全に骨抜きにするような事態を招いてしまった。

徴用工訴訟の原告勝訴 韓国首相「司法の判断を尊重」朝鮮日報