SNSへの投稿で留守の時間を割り出し、リアーナさんなどセレブ宅への空き巣を繰り返していたグループが御用。

リアーナさんも被害、米ロサンゼルスの著名人宅で連続窃盗 4人組逮捕 AFP
「侵入する住宅は、その所有者によるソーシャルメディアへの投稿やツアー、旅行の予定に基づき選定されていた。窃盗犯らは、誰もいない家に、自分たちが求める需要の高い貴重品があるだろうと考えていた」と述べた。



一方、日本ではリフォーム業者が強盗に押し入る事件が発生。
デジタルでもアナログでも他人に情報を教えてはいけないという教訓。

関連
元リフォーム業者、強盗に「金がありそうな家」 毎日新聞
 捜査1課によると、男は過去に住宅リフォーム関係の仕事をしており、武蔵村山市の酒店兼住宅のリフォームを担当したことがあった。その際に間取りや家族構成などの情報を得たとみられ

1993年に東京都豊島区のマンションで建設会社役員の男性と長女が殺害され現金などが奪われた事件では、事件の3カ月前に男性宅の内装工事に携わった中国籍の男が強盗殺人容疑で逮捕・起訴され、1審で無期懲役判決を受けた。