岐阜放送「第8回 高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」の解説にやってきた瀬古利彦さんが、関係者との飲み会でハーフの女子アナの下の毛の色をからかって問題に。
4月の事件発生からしばらくは隠蔽していたが、女子アナがテレビ愛知にセクハラ被害を訴えるなどしたため週刊文春が嗅ぎ付け発覚した。

瀬古利彦が女子アナにセクハラで厳重注意 | 文春オンライン
 関係者によれば、今年4月、瀬古氏はハーフマラソンの解説を担当後、関係者との飲み会に参加。そこにいた女性アナウンサーに対し、セクハラ発言をした。女性アナウンサーがテレビ局に訴え、関係者が異動になるなどしたという。

瀬古氏がセクハラ発言・騒動を謝罪「皆様に多大な迷惑」 朝日新聞
 瀬古氏は日本陸連の理事で、2020年東京五輪などに向けたマラソン強化のトップを担う。実業団のDeNAでは総監督を務めている。


関連