浸水した洞窟から助け出されたタイのサッカー少年らが、救出作業で犠牲になったダイバーの菩提を弔うため頭を丸め出家。

タイは仏教国のため、すべての男子は短期間の出家をする風習がある。
しかし近年は供物に甘いものや屋台ものが選ばれがちで、僧侶の肥満と成人病が社会的な問題となっている。
ただでさえ注目を浴びている少年らは、高カロリーな供物の嵐に遭う恐れ。

洞窟から救助されたサッカー少年ら、寺院で短期間修行へ タイ当局 時事通信



関連
タイ 僧侶の半数メタボ 経済成長、供物に甘味や油物 専門家はダイエットを推奨 西日本新聞